当財団設立の目的

当財団は、学業が優秀で勉強する意欲がありながらも、経済的な理由により修学が困難な学生・生徒に向けて奨学金を給付することで、
将来社会に貢献し得る人材の育成を目的として、日本ひとのわ財団が設立されました。

設立趣旨

近年の日本では、貧困に悩まされている子どもの数が多く、政府は国をあげての対策を行っておりますが、未だ問題の解決までは至っていません。

子どもの貧困がもたらす社会的損失は、大きいといわれております。

これは、経済的理由により大学への進学はおろか、高校への進学も危ぶまれる修学の問題から、社会に有為な人材が育たず非正規雇用や低い給料で働く可能性から、生活保護等の支援支出が大きくなることが考えられます。

子どもの貧困問題は本人たちだけではなく私たち国民の問題でもあります。

このことから、経済的な理由により修学が困難な高校生・大学生に向けての奨学金の給付を行い、将来社会に有為な人材の育成に寄与するために財団を設立いたしました。

併せて、義務教育以下の貧困児童を支援するNPO法人、子ども食堂等運営を行う団体・個人に対しての資金支援活動を2021年3月設立の関連法人「一般社団法人ひとのわ協会」(https://hitonowa.info)が行うことで、広範囲での子ども支援に貢献してまいります。

財団情報

名称一般財団法人日本ひとのわ財団
所在地〒104-0043
東京都中央区湊2-11-1 シティタワー銀座東919号
設立2021年7月29日
代表理事山木陽介
事業内容大学・高校に在学する学生・生徒に向けた奨学金の給付
公式サイトhttps://hitonowa.or.jp
電話番号03-6709-0195
メールアドレスinfo@hitonowa.or.jp

アクセスマップ

代表プロフィール

代表理事 山木陽介

山木 陽介 (Yosuke Yamaki)

1978年 10月5日 生まれ
 

東京都出身

 

日本最大手の調査会社を経て、2008年に独立。
現場での調査の他、セキュリティ対策やマーケティングリサーチを行う「SKY株式会社」代表取締役。
2013年、発達障害児支援のNPO法人「Si’s」設立。
2013年、カンボジアの貧困対策である国際NGO団体「SSA-JAPAN」理事就任。
2015年、同団体の理事を退任。
2021年、一般社団法人ひとのわ協会設立。
2021年、一般財団法人日本ひとのわ財団設立。
2021年、埼玉県医療法人「雄昌会」理事就任。